ここちくん
メニュー
ギャラリー(フォト)
ギャラリー(イラスト)
グッズデザイン
Lineスタンプ
お散歩inTheWorld
4コママンガ
1コマアニメ

ここちすと
メニュー
コンサルティング
ロジカル思考塾
クリエイターズ
グッズデザイン
ブログ
ここスタRC

ここちすとスタジオ
メニュー
ここスタについて
ヒストリー
代表
メンバー
終了企画

ショップ
ここスタショップ

趣味
マラソン
グルメ
スナップ
デッサン
書道

コンタクト
メッセージ
Facebook
Twitter
みんなの声
Img_eb77d6db2402a888b509ff3772d2b92a
7/3、大阪デザインフォーラムで、元電通で、
現在トーキョウ・グレート・ヴィジュアルのクリエイティブパートナーを務める
内藤久幹さんの講演を聞いてきました。

取り合えず要点走り書き。

・ブランディングを実現するためには、
送り手と受け手と共通の価値観が必要であり、
そのためには気のきいた先回りが重要。

・現在は、連鎖的な情報流通が主要になっている。
従来の4媒体以外の媒体が主要な力を持っており、
4媒体はそれらをサポートするポジションにある。

・そして情報発信には、イメージと記憶が重要。
一番影響度の大きい感覚は視覚(83%)であり、
視覚の中でも色が半分以上の影響度を占める。

・これを応用し、例えば、同じようなパターンで
季節ごとに色を変える事により、
何かやってるぞ感を演出する事ができる。

・マーケッターが指針を作り、それを元にデザイナーがクリエイションする。
そのお互いの協力が、大きなアウトプットを実現する。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする