ここちくん
メニュー
ギャラリー(フォト)
ギャラリー(イラスト)
グッズデザイン
Lineスタンプ
お散歩inTheWorld
4コママンガ
1コマアニメ

ここちすと
メニュー
コンサルティング
ロジカル思考塾
クリエイターズ
グッズデザイン
ブログ
ここスタRC

ここちすとスタジオ
メニュー
ここスタについて
ヒストリー
代表
メンバー
終了企画

ショップ
ここスタショップ

趣味
マラソン
グルメ
スナップ
デッサン
書道

コンタクト
メッセージ
Facebook
Twitter
みんなの声
Img_3f42d40ed46e956cb5766b255b0c613d8822b7e2
メトロも発達
Img_6f1a3d3ffe33eed331cabec3d206ccd03b676504
オールドドバイ
Img_f8aeb581827b3185c75f851d24c3d80587f9110e
バージカリファ 828m200階立て超高層ビル さすが。。。
1/21(Sat) ‘Dubai day’

I arrived at Dubai in the early morning at 5:40 AM and leaved form Dubai to Mauritius at 3:30 AM on the next day. Thus I could enjoy Dubai all a day.

Dubai was visionary country and had be proceeded the development yet. I visited many original places, Gold soak in Old Dubai, Atlantis the Palm in New Dubai, the Dubai mall, Dubai fountain and Burj Khalifa in Downtown Dubai., and so on. Moreover I saw many constructions that were been building just now. I saw many No.1 place in the world, and I felt the strong energy in Dubai.

On the other hand, Dubai had the hard face. It was always hard windy in the place without trees, then sometimes cause the sandstorm. It made me hard to walk and drain our stamina.

Many people in Dubai know Japan very well. Many Japanese cars run on the road, and their manufacturing company, Toyota or Nissan, are completely get the trust. But in terms of household appliance, Korean company, Samsung or LG, are maybe more major than Japanese.

Now the position of Japanese company in the world is changing gradually. So I recognized that we must think our position in the world in the future very well.

Picture is here  (Click!) 


1/21(土) 「ドバイ デイ」

早朝の5:40にドバイに到着し、翌日の早朝3:30にモーリシャスに出港のスケジュールを組んだため、丸一日ドバイを堪能する事が出来た。

ドバイは幻想的な国で、今もなお開発が進んでいた。実際、オールドドバイのゴールドソーク、ニュードバイのアトランティス、ダウンタウンドバイのドバイモール、ドバイファウンテン、バージカルファ、更には現在建設中の多くの建物を訪れ、独特の世界観や、多くの世界一から、ドバイのエネルギーを肌身で感じた。

一方で、ドバイは厳しい一面も持っていた。樹の無い所では常に強い風が吹いていて、時々砂が舞って飛んでくる。それが歩行を厳しくし、体力を奪っていった。

多くの人は日本を良く知っていた。多くの日本車が走っていて、トヨタや日産は地元の信頼を完全に勝ち得ていた。しかし、家電に関しては、サムスンやLGが日本メーカーよりもメジャーな様だった。

今、世界における日本企業のポジションは、徐々に変化している。そして、世界における今後の自分達のポジションを良く考えなければいけないと再認識した。

写真はこちら  (Click!) 

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする