ここちくん
メニュー
ギャラリー(フォト)
ギャラリー(イラスト)
グッズデザイン
Lineスタンプ
お散歩inTheWorld
4コママンガ
1コマアニメ

ここちすと
メニュー
コンサルティング
ロジカル思考塾
クリエイターズ
グッズデザイン
ブログ
ここスタRC

ここちすとスタジオ
メニュー
ここスタについて
ヒストリー
代表
メンバー
終了企画

ショップ
ここスタショップ

趣味
マラソン
グルメ
スナップ
デッサン
書道

コンタクト
メッセージ
Facebook
Twitter
みんなの声
I debated about ‘Non-Manager Style Management’ in MBA Solution’s Bar today.
This is new management style advocated by Gary Hamel, Visiting Professor in London Business School. In this style, CEO reduce organization hierarchy, trust employees and give free and authority to them, and draw out the idea that effect company’s future and their high performance that promote company’s growth and development.

Company needs the ability of changing in a fast-changing environment, and this think is one for the human resource strategy.
In fact, Morning Star, the most biggest tomato processor in the world, practices the following management style that don’t have boss, and continues double-digit growth this 10 years in business done, sales and profit.

1. All employees share company’s mission and not receive instruction.
2. Employees have their consensus formation each other
3. Delegation of authority to all employees including purchase and recruiting.
4. Not give specific style to employees for self-development.
5. Push the competition for not promote but effect.

In the case of Japanese company, The Ameba Management by Mr. Inamori or The Will Account by DISCO Co. may be example including above factors.

This organization style has below merits. And it’s especially the effective management style for the department develops new business, or required the intellectual productivity or the creativity.

1. Decrease the cost for managing down
2. Improve the expertness and judgment skill of employees
3. Heighten the independence and loyalty of employees
4. Progress the cooperativeness between employees
5. Advancement of flexibility and creativity of organization

I think ‘Non-Manager Style Management’ have a possibility to became the supreme management style in the future.


今日、MBA Solution’s Barで「マネージャーを作らない会社」に関する議論をした。

これは、ロンドン・ビジネス・スクール客員教授のゲイリー・ハメルが提唱したマネジメントスタイルで、組織の階層を減らし、現場社員を信頼して自由と責任を与え、組織の未来を左右するアイデアや、組織の成長・発展を後押しする能力を現場社員から引き出すマネジメントである。

激変するビジネス環境の中で企業が生き残るためには変化が出来る事が必要で、そのためには、「マネージャーを作らない会社」の考え方は、組織人事戦略の1つの考え方である。

実際、世界最大のトマト加工業者モーニング・スターは、上司を作らない以下の様なマネジメントスタイルを実践し、この10年間も、取引量、年商、利益とも二桁増を続けている。

1.ミッションを社員全員で共有した上で誰からも支持を受けない
2.社員同士で合意形成する
3.全員に本当の意味での権限委譲する(購買や採用の権限)
4.社員を枠にはめない(自分の責任で能力を伸ばす)
5.昇進ではなく影響を及ぼすための競争を奨励

日本企業では、稲盛さんのアメーバ経営や、ディスコのWill会計が、上記要素を含んだマネジメントの例と言えるかも知れない。

この組織体制では以下のメリットが上げられ、特に、新規事業の部署や、知的生産性、クリエイティビティが求められる部署では、有効なマネジメントスタイルだと考えられる。

1. 部下管理のコストの低減
2. 社員の専門性・判断能力の向上
3. 社員の主体性・忠誠心の向上
4. 社員間の協調性の向上
5. 組織としての柔軟性・創造性の向上

これからの時代、マネジャーを無くす事が究極のマネジメントになる可能性がある。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする