ここちくん
メニュー
ギャラリー(フォト)
ギャラリー(イラスト)
グッズデザイン
Lineスタンプ
お散歩inTheWorld
4コママンガ
1コマアニメ

ここちすと
メニュー
コンサルティング
ロジカル思考塾
クリエイターズ
グッズデザイン
ブログ
ここスタRC

ここちすとスタジオ
メニュー
ここスタについて
ヒストリー
代表
メンバー
終了企画

ショップ
ここスタショップ

趣味
マラソン
グルメ
スナップ
デッサン
書道

コンタクト
メッセージ
Facebook
Twitter
みんなの声
Img_87921f3e81adee0f3389fbf1d06b7781d030865d
I participated in the seminar of Negishi Professer who is chemical Novelist in Tudajuku University today. I share 3 Negishi’s thinks I’ve been interested in below.

■How should we think about the pribability of awarding novel prize, one per ten to the power 7.
It’s important that we think not the odds of one per 10 million but the seven competition steps we should win one tenth of the time, and we proceed this process step by step. For that, we can achieve the big subject.

■Playing is first, learning is second.
Playing is most important when we’re child who is below 10 years old especialy.The experience of playing well becomes the source of our life, and we can get the confidence through these experience.

■The supreme purpose of life is being happy.
The four factors of the Happy Life Negishi Professor thinks is below.1.Health, 2.Family, 3.Occupation (Environment we can contribute to the society more than the salary we get), 4.Some hobbies



今日は朝から津田塾大学で、ノーベル化学賞受賞者の根岸教授の講演を聴講。
個人的に興味を持った根岸教授の考えを3つ、以下に共有します。

■ノーベル賞をとる確率10の7乗分の1をどう考えるか。
1千万人に1人ではなく、10人に1人のコンペティションを7回通過すると考えて、一歩一歩進む事が重要。そうする事で大きな目的を達成する事が出来る。

 
■まずは良く遊ぶ事が重要、そしてよく学ぶ。
特に1桁台の年齢の時は、何よりも良く遊ぶ事が重要。良く遊ぶ経験はその後長く続く人生の活力源となるし、また遊びの経験の中で何かしらの自分の自信を得る事ができる。


■1人1人の究極の目的は幸せになる事。
ノーベル賞をとる事や大金持ちになる事は、幸福の一部をサポートする事は出来るが、大きな人生の目的にはなり得ない。人生の目的はあくまで幸せになる事で、根岸教授の考える幸福の4つの要素は以下。
1.健康、2.家庭、3.職業(給与以上の社会貢献ができる環境)4.複数の趣味

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする