ここちくん
メニュー
ギャラリー(フォト)
ギャラリー(イラスト)
グッズデザイン
Lineスタンプ
お散歩inTheWorld
4コママンガ
1コマアニメ

ここちすと
メニュー
コンサルティング
ロジカル思考塾
クリエイターズ
グッズデザイン
ブログ
ここスタRC

ここちすとスタジオ
メニュー
ここスタについて
ヒストリー
代表
メンバー
終了企画

ショップ
ここスタショップ

趣味
マラソン
グルメ
スナップ
デッサン
書道

コンタクト
メッセージ
Facebook
Twitter
みんなの声
I participated in the seminar in Free University. I got three tips.

■1  Choosing what having more demerit
 When you're at a loss which to choose A or B, if B have more demerit than A, B is what you want to do. Human often camouflage what themselves want to do in consequence of a fear of failing or what others think.
 I sympathized this thinking. Surely, when I chose A, my motivation and output were mediocrity. But when I chose B, I worked feverishly, and I could achieve better success in the result.
 I'll remember this thinking when I'll be able to decide something quickly.

■2  Achieving style and Evolving style
 There’re 2 style in the process, Achieving style and Evolving style.
 In the achieving style, human sets a goal, recognize the situation, and act to fill in their gap. In this case, the goal is set within own capacity.
 On the other hand, in the evolving style, human can evolve their action based on up-dated data, knowledge or human network and can exploit the chance they didn't aim.
 These two styles exist together in our life or work. I want to increase the weight of evolving style in my life, and I should do it for the developing new business in my work, too.

■3  Importance of 'feeling something enjoyable'
 Human gather in the place they can feel something enjoyable. So when you achieve something with other people, the 'feeling something enjoyable' is one of the positive strong driving forces. It's my style for the project progress. I record it here for not forget it.

P.S. I'm going to organize the knowledge and the experience about running as original running theory including not only training but also mental and physical health, body-build for sliming, how to generate new idea, producing more time, self-management and human network. Don’t miss it.



12/8(日)、自由大学でのセミナー・交流会に参加。教授の方々の話を踏まえて、以下3点ポイントとしてまとめておく。

■1  リスク・デメリットの大きい方を選ぶ
 もし2つの選択AとBで悩んでいる時、AよりもB方がリスクやデメリットが大きい場合は、本当はBがやりたい事であるという考え方。ヒトは、失敗に対する恐れや周りの目の影響を受けて、自分が本当にやりたい事を、リスクやデメリットという理屈でカモフラージュしてしまう事があるからである。
 この考え方には非常に共感した。確かにこれまでの自分の人生を振り返ると、合理的にAを選択した場合は、あくまでそれなりのモチベーションで、それなりの取り組み、結果を残すに過ぎなかったが、自分の強い意志、もしくは周り方々の後押しのおかげでBを選択した場合は、その後、夢中でBに取り組めてきたし、結果として、大きな成果を残してきたと思う。
 今後、何かの選択に迷った際は、一度この考え方を思い出して、参考にしようと思う。

■2  目標達成型と状況展開型
 目標達成型は、目標を設定し、現状を把握し、そのギャップを埋めるスタイルである。この場合、一歩一歩前進はするが、設定する目標は、その際に持つ知見・経験・資産からしか生み出せないデメリットがある。
 状況展開型は、目の前の状況に反応しながら、新たな状況を展開していくスタイルである。この場合、方向性がふらつくための非効率性が生じる部分もあるが、上手く右脳を使えば、日々の中で得られる知見・経験や、ヒトとの出会い等の偶然性を、より大きなアウトプットに結び付けられる可能性がある。
 人生においても仕事においても、実際はこの2つのタイプのハイブリッドで遂行されている。人生においては、これからも状況展開型のウェイトを大きく生きて行きたいし、仕事においても、特に新規事業開発では、状況展開型のウェイトを大きくする事が重要だと感じた。

■3  何か楽しそう感
 ヒトは理屈ではなく、何か楽しそうな所に集まる。よって、ヒトを巻き込んで何かを達成していく際、この『楽しそう感』はポジティブな大きな推進力となる。この考えは、これまでもずっと自分のスタイルの1つとなっていたが、最近は少し忘れつつあった。今回、自由大学で再認識したので、ここに記しておく。

P.S. Running学について、心身健康、痩せる体質づくり、アイデア発想法、時間の捻出、セルフマネジメント、ヒューマンネットワークの視点を織り交ぜて、一度まとめてみよう。乞うご期待。

Comments

Kogane | 12.11.2012 20:20
Interesting!
And I'm really surprised at your article written in English.

All roads lead to Rome.
Stimulate your sensibility in your daily life.
Brush up your feeling!

I'm looking forward to reading your conclusion.
ここちすと® 大畑 | 01.07.2013 12:15
Thank you for your comment. I want to know your progress recently or your think change. So I hope having the time for discussing each think again after such a long time.

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする