ここちくん
メニュー
ギャラリー(フォト)
ギャラリー(イラスト)
グッズデザイン
Lineスタンプ
お散歩inTheWorld
4コママンガ
1コマアニメ

ここちすと
メニュー
コンサルティング
ロジカル思考塾
クリエイターズ
グッズデザイン
ブログ
ここスタRC

ここちすとスタジオ
メニュー
ここスタについて
ヒストリー
代表
メンバー
終了企画

ショップ
ここスタショップ

趣味
マラソン
グルメ
スナップ
デッサン
書道

コンタクト
メッセージ
Facebook
Twitter
みんなの声
私は常々、マラソンはビジネスと非常に相性が良いと感じています。
その内容について、今回はまず『ジョギングによるアイデア発想法』について、以下に記載します。


人はどの様な時に新たなアイデアが生まれるのか?

シャワーを浴びている時やジョギングをしている時に、新しいアイデアが生まれたり、悩んでいた問題を解決した経験をもつ人も多いのではないでしょうか?
なぜでしょう?

ポイントは『リラックス』と『弱い刺激』にあります。


人の『リラックス』した脳の状態は、右脳優位な活動状態になっています。
これは細部の理屈に拘るのではなく、情報を全体俯瞰できる状態を意味します。
この状態により、脳は情報間の関係性を上手く把握する事が出来ますので、新たな発想を生み出したり、最適解を見いだすには、非常に有利な状態になります。

「ジョギングをしている時はしんどい!リラックスなんかしていない!」と考える方も多いかも知れませんが、それは、各人に、そしてアイデア発想を目的としたジョギングの方法を行っていないからです。
うまくジョギングを行えば、運動による左脳の働きを低下と、ランナーズハイによるリラックス状態の相乗効果で、高い右脳優位の活動状態をを生み出す事ができます。


また、脳への『弱い刺激』は、脳の活動を活性化する事ができます。

ジョギングの場合はルームランナーとは違い、周りの景色がゆっくりと変わって行きます。
この景色の変化が目から脳への弱い刺激となり、脳の活動を活性化する事ができます。
特に、旅先等の見慣れていない場所でのジョギングでは、脳の活性化のための適度な刺激が得られます。


そして、上記のサイエンスを考慮した『ジョギングによるアイデア発想法』が以下になります。

1.解決したい課題、創出したいアイデアのテーマを明確にする。

2.課題解決のための情報、テーマに関連するな情報について、左脳でよく理解して詰めんでおく。
  (この時点で、多様で大量な情報を詰め込んでおく程、良いアウトプットが得られます)。

3.『リラックス状態』と『弱い刺激』が得られる様に、各人に合わせたジョギングを行います。


人によって効果の大きさは異なりますが、一度お試しください。
ジョギングの方法などの詳細についてもご相談受け付けますので、お気軽にどうぞ。

Img_0e3293c52e2ab2c3bc32a67e74aa9f7a


Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする