ここちくん
メニュー
ギャラリー(フォト)
ギャラリー(イラスト)
グッズデザイン
Lineスタンプ
お散歩inTheWorld
4コママンガ
1コマアニメ

ここちすと
メニュー
コンサルティング
ロジカル思考塾
クリエイターズ
グッズデザイン
ブログ
ここスタRC

ここちすとスタジオ
メニュー
ここスタについて
ヒストリー
代表
メンバー
終了企画

ショップ
ここスタショップ

趣味
マラソン
グルメ
スナップ
デッサン
書道

コンタクト
メッセージ
Facebook
Twitter
みんなの声
Img_c95f28dccb7c1fa7398fedc4ece5720f
これまで、世の中のカロリー理論が全然実態に合っていないと思っていましたが、少し仮説を入れるとある程度理屈に合ってきました。取り敢えず、以下に示しておきます。
(あくまで経験から導いた持論です。エビデンスありませんので、ご了承ください。)



一般的なカロリー理論に、以下2つの視点を考慮すると、自分の生活の実態に合ってきます。

1.カロリー理論は、カロリーの足し引きで考えるケースが多い。しかし実際は、代謝(回転)の視点で考える方が実態に合っている。なぜなら、脳・筋・内臓の活動や新陳代謝など、ヒトの活動は全て循環器系であるからである。
例えば、脂肪燃焼を含めた循環器系の活性化のためには、炭水化物・糖分(つまりカロリー)が必要である。そうすると、カロリーを摂取する方がカロリーを多く消費する場合がある。これは、カロリーの足し引きでは説明できない。

2.一般的には、基礎代謝と運動量で消費カロリーを計算しており、脳の消費カロリーの変動を考慮していない。いくつかの論文を読んだ限りでは、脳の消費カロリーは約300kcal/日、そして脳は全体の2~3%しか使われていないと言われています。が、使い方によっては、脳を10%程度使っているのでは(?)と思います(仮説)。そうすると脳の消費カロリーは1,200kcal/日。一般的な計算より、消費カロリーが900kcal/日多くなる。


1.については、ある程度明らかだと思うので、ここでは議論しません。


2.については、例えば以前3か月ほど摂取カロリーを記録してみたのですが、私の場合、運動をしない日で約3,500kcal/日、ジョギングをする日は更に600kcal/10kmのカロリーを摂取していて、それで大体、体重が維持でした(62~63kg / 179cm)。
仕事で体力を使う事もほとんどありませんし、一般的なカロリー理論では、運動をしない場合の必要摂取カロリーは2,000~2,500kcal/日ですから、全然数字が合わないと思って記録を辞めました。ただ、2の仮説を考慮すると数字があってきました。


そして、脳を10%程度使っている(と思っている)場合は、以下の条件の場合です。
・クリエイティブな脳の使い方で猛烈に仕事をしていると、上記理由により、脳の消費カロリーが900kcal/日、多くなる。
・クリエイティブな脳の使い方とは、前例のない問題の原因究明・問題解決、前例のない事業・商品の戦略・企画の策定、その実現のためのマネジメント・アプローチなどである。記憶や経験からの問題解決、物事の暗記、物事の調査、情報処理等では、猛烈に脳を使っても消費カロリーが小さい。


実際、上記条件でマッキンゼーやボスコンの方と猛烈に問題解決のディスカッションをすると、1時間程で低血糖になって、運動もしていないのに歩くのもおぼつかなくなります。
(以前、糖分をとらないで2時間ディスカッションした時は、脳が疲労し過ぎて2日ほど頭痛が治りませんでした。。。)


以上、カロリー消費に悩んでいる人は、脳の消費カロリーに注目してみては?
ただし、脳はブドウ糖(つまり、炭水化物からのカロリー)は消費しますが、脂肪やタンパク質由来のカロリーは消費しません。
私は個人的に脂っこいものや揚げ物が好きではなく、糖質由来のカロリー摂取がメインだからこそ成り立っている理論だと思いますので、あしからず(笑)

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする