ここちくん
メニュー
ギャラリー(フォト)
ギャラリー(イラスト)
グッズデザイン
Lineスタンプ
お散歩inTheWorld
4コママンガ
1コマアニメ

ここちすと
メニュー
コンサルティング
ロジカル思考塾
クリエイターズ
グッズデザイン
ブログ
ここスタRC

ここちすとスタジオ
メニュー
ここスタについて
ヒストリー
代表
メンバー
終了企画

ショップ
ここスタショップ

趣味
マラソン
グルメ
スナップ
デッサン
書道

コンタクト
メッセージ
Facebook
Twitter
みんなの声
ツンデレはなぜ心地良いのか?

脳は、ヒトの臓器の中で唯一、相対評価(比較)する臓器です。ヒトの脳以外の臓器は、通常、絶対評価をする臓器です。よって、血圧や心拍など、適切な値が定まっています。しかし、脳は違います。過去と今、他人と自分、A案とB案など、比較をする事で理解ができます。
他人と比べないで自分の価値観で生きている人でも、やはり、自分の価値観と今の状況を比較して、物事や状況を理解しています。

話はツンデレに戻しますが、ツンツンされている時はやはり不快な状況です。でもデレデレした時のギャップが大きくなります。そうすると、脳の相対構造評価ゆえ、普通にデレデレした時よりも心地良さが倍増してしまうのです。つまり、ツンツンは、デレデレの報酬の効果を高めるための貯金期間だとも考えられます。ヒトが異性のギャップに魅力を感じるのも、この脳の相対評価構造のためなんです。

仕事や人生でも同じような事が言えます。
毎日仕事が休みであれば休みは楽しくなくなるし、体調不良から回復した時に健康の有難さを身に染みて感じます。

何か試練や辛い事がある時期は、その後の幸せのを高めるための貯金期間だと考えれば、人生前向きに歩んでいけるかも知れませんね。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする