ここちくん
メニュー
ギャラリー(フォト)
ギャラリー(イラスト)
グッズデザイン
Lineスタンプ
お散歩inTheWorld
4コママンガ
1コマアニメ

ここちすと
メニュー
コンサルティング
ロジカル思考塾
クリエイターズ
グッズデザイン
ブログ
ここスタRC

ここちすとスタジオ
メニュー
ここスタについて
ヒストリー
代表
メンバー
終了企画

ショップ
ここスタショップ

趣味
マラソン
グルメ
スナップ
デッサン
書道

コンタクト
メッセージ
Facebook
Twitter
みんなの声
Img_d4f33de5ff4a24c21b8d9ce02756e65e

ヒトはなぜ走るのか


「なぜ走るんですか?」
ランナーに対するその質問を良く耳にします。

・日常のストレスを発散したい
・新たな自分の記録に挑戦したい
・頭を整理したい
・マネジメント能力を磨きたい
・いつまでも健康でいたい
・良いプロポーションを手に入れたい
etc….

理由はヒトによって様々ですが、その内容は大きく3つの領域に分けられるように思います。
それが、心・技・体の領域です。
ランニングの素晴らしい所は、この3つの領域が同時に満たされる所にあります。
(例えば、通勤時間を利用しならがら、体の健康、英語耳の育成、頭の整理、リフレッシュを同時にするなど。)


この3つの領域の便益はとてもありがたく、私自身、社会人になってから自分自身が成長し、生活や価値観が変わり、人脈や視野が拡大し、ランニングとの付き合い方も多様になってくるに伴って、更にランニングに大きな価値を感じる様になりました。

それと同時に、自分自身のランニングの知見・経験・ノウハウを友人や知人に話している中で、そのノウハウが他のヒトにも大きくお役立ちできるものであると感じるてきました。
そこで今回、そのノウハウを「大人の心技体ランニング」として、一度まとめたいと思います。

Img_142fe08c05bdb9e5f0c3d01e66e8449a

なぜ、大人の心技体ランニングを発信するのか


世の中には様々なランニングのプロフェッショナルの方がいらっしゃいますが、その中で、自分自身のランニングのノウハウが、多少なりとも皆様にお役立ちできていると感じているからです。
そして、その理由を自分なりに少し考えましたが、1つは実際の経験に基づいている事、もう1つはサイエンスの視点で比較的多様に整理されている事だと思います。

1.経験
・高校三年間、陸上競技部の顧問の先生がまさかの陸上未経験者。自分で試行錯誤する日々。
・大学で、サークルメンバーで駅伝チームを結成し、学内の駅伝で体育会100チーム以上を倒して優勝。
・2008年、陸上経験者が自分だけのマラソンサークルRungleを立ち上げ。
・Rungleの毎年恒例イベント24時間リレーマラソンで、最高順位15位(253チーム中)。
・マラソン未経験の女性4名のホノルルフルマラソン挑戦のコーチ。3ヶ月の練習で全員4時間半以内で完走(ただし、鬼軍曹というニックネームがつく。。。)。
・その他、友人や知人のフルマラソン完走やサブスリー挑戦をコーチ(キャパの問題上、同時進行2名まで)。
・グッドプロポーションのためのランニングの検討。
・自分自身の記録の挑戦(ハーフ1時間14分、フル2時間46分、ウルトラマラソン100km、トレイルマラソンなど)。

2.サイエンス
・本業の共同研究等で知り合った、医学、脳科学、疲労科学、スポーツ科学、人間工学等の先生方との、マラソンに関する議論の数々。
・アミノバリューやミズノのランニングコーチの方々との練習。
・My アシックスのメニュー開発者の方とのディスカッション。
・大学(箱根駅伝)や実業団でマラソンをしていた友人たちとの情報交換。
・大学や実業団でマラソン指導や栄養士をしていた友人たちとの情報交換。
・本好きが高じて読んだ、マラソン、ストレッチ、栄養学、などの多くの本。
・オリジナルのサイエンスの視点・仮説・持論。

そして記事は、体 → 技 → 心 の順にアップをしていきたいと思いますので、まず次回第1章は、「体のためのランニング」の記事をアップしたいと思います。

以下の様な内容を考えていますので、こう期待。
・足が細くなるか太くなるかはフォームで決まる。
・痩せる体(基礎代謝の高い体)作りのためには、カロリー摂取(特に糖質)が重要
・体が痩せるのと、体重が減るのと、体脂肪を落とすのと、綺麗なプロポーションを作るのは、アプローチが異なる。
・ランニングと睡眠の質の秘密
etc…
Img_24f3399bcc891deded4e4cb490626a86

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする