ここちくん
メニュー
ギャラリー(フォト)
ギャラリー(イラスト)
グッズデザイン
Lineスタンプ
お散歩inTheWorld
4コママンガ
1コマアニメ

ここちすと
メニュー
コンサルティング
ロジカル思考塾
クリエイターズ
グッズデザイン
ブログ
ここスタRC

ここちすとスタジオ
メニュー
ここスタについて
ヒストリー
代表
メンバー
終了企画

ショップ
ここスタショップ

趣味
マラソン
グルメ
スナップ
デッサン
書道

コンタクト
メッセージ
Facebook
Twitter
みんなの声
Img_b68638f3aa31b65c57d8a64616279cf3


たまたまですが、最近、

・ KISS(Keep It Short & Simple)な資料作り
・ ロジカルな資料作成のアドバイス
・ プレゼン資料や企画の資料の添削

等の様な、ロジカル思考に関する相談を受ける事が多かったのですが、


その内の何度かは、根本的な解決方法である 「Logical思考の習得」 に、
相談内容が派生していました。


そこで今回、 「Logical思考の習得」 について、ちょっと真剣に考えてみました。



Logical思考に関しては、理論自体は知っているヒトも多いんですが、
確かに、きちんと習得をして、日々の中で活用できているヒトは少ない様に感じます。


その理由は、Logical 思考には以下の特徴があって、
ビジネススクールのカリキュラムでさえ、習得までのストーリーが
きっちりと整理されていないからだと感じています。
(すみません、完全に個人的な意見です。)


 1. ヒトによって、得意・不得意がある。

 2. 活用分野によって、必要な Logical 思考レベルが異なる。

 3. 知識とトレーングによって、徐々に身に付くものである。



これらの特徴を克服するために、Logical 思考を段階的・体系的に学び、
誰でも着実に習得できる3段階の習得カリキュラムを考えましたので、以下に記載します。



【 目次 】

■ Logical思考を学ぶ目的

■ 基礎編: 相手に「分かる」を届けるための3つの Logical 要素

■ 成長編: 的確な「情報整理」を解決するための3つの Logical 構造

■ 習得編: コミュニケーションから「成果」を生み出すための3つの Logical 視点






■ Logical思考を学ぶ目的
Img_06fb547be889361ad6016402419ca431
まず、Logical 思考を習得する目的は、以下の3つかと思います。



 1. 自分が情報を理解するため

 2. 相手に情報を伝えるため

 3. 両者のコミュニケーションから成果を生み出すため




そして、これら目的を満たすためのカリキュラムが、以下となります。





■ 基礎編
Img_c5468d44b15bbef5daae656772c71a72
基礎編は、まずはLogicalな脳の使い方に慣れるステージです。
内容としては、相手に「分かる」を届けるための3つの Logical 要素を学びます。



分かる1. 話す「型」で、相手の理解が得られる

分かる2. 話す「内容」で、相手の納得が納得できる

分かる3. 話す「視点」で、相手の同意が得られる




上記の3つの「分かる」は一見似ていますが、実は似て非なるものですし、
それぞれに必要な Logical 要素も異なります。

また、上記3つの「分かる」は、積み上げ式で実現されます。
例えば、1の「情報の理解」が満たせなければ、
2の「内容の納得」や、3の「主張の同意」を満たせません。

そこで、それぞれに必要な Logical 要素を段階的に習得するのが、基礎編のステージです。





■ 成長編
Img_677c04901c4df3f75ae64c7f7cda4494
成長編では、的確な「情報整理」を実現するための3つの Logical 構造を学びます。

全ての「情報整理」は、以下3つの構造で実現できるというのが僕の考えです。
(誰か言っているヒトいるのかな?)



 1. 流れが整理できるプロセス構造

 2. 相関が整理できるマトリックス構造

 3. 階層が整理できるツリー構造




情報の本質を分類して考えると、これら3つの構造が情報整理の全て。

著書等では、ロジカルシンキングやマーケティングに関する
テクニックやフレームワークが色々と述べられていますが、
全て、上記3つの Logical 構造の組み合わせで実現できます。


また、これら Logical 構造の活用を習得する事で、
基礎編で学んだ「届ける Logical スキル」が本来の力を発揮する事になります。





■ 習得編
Img_37c71182dcd06423a354f54e1309c7b5
習得編では、コミュニケーションから「成果」を生み出すための
3つの Logical 視点を学びます。

「成果」とは、問題解決、アイデアの創出、ヒトの説得などが挙げられますが、
これらは、ディスカッションやプレゼンテーション等の
Logical な対話コミュニケーションによって、実現されます。

そして、その対話コミュニケーションで、効率的に「成果」を生み出すためには、
ヒトの脳の特性を生かした、以下の3つのLogical 視点が重要です。



 1. マジックナンバー3

 2. 事例・比較の技術

 3. イシューのコントロール




基礎編で学んだ Logical 要素の技術、
成長編で学んだ Logidal 構造の技術、
そしてこの3つの Logical 視点の技術が合わさる事で、
「成果」の創出が実現できると思います。



以上が、Logical 思考習得のためのカリキュラム。

そして折角なので、来週、再来週あたりから少人数・水面下で、
「習得」にこだわった「右脳派のためのロジカル思考塾」を、
実施していこうと思います^^




Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする