ここちくん
メニュー
ギャラリー(フォト)
ギャラリー(イラスト)
グッズデザイン
Lineスタンプ
お散歩inTheWorld
4コママンガ
1コマアニメ

ここちすと
メニュー
コンサルティング
ロジカル思考塾
クリエイターズ
グッズデザイン
ブログ
ここスタRC

ここちすとスタジオ
メニュー
ここスタについて
ヒストリー
代表
メンバー
終了企画

ショップ
ここスタショップ

趣味
マラソン
グルメ
スナップ
デッサン
書道

コンタクト
メッセージ
Facebook
Twitter
みんなの声
Img_7efd11e2cafa92a751f4a52da97e7162
* Japanese is below↓/ 日本語文は英文の下にあります
* Please advice me, if you find wrong word or sentence.

The greatest treasure I got in CSM was not the art literacy but the excellent classmates. I really appreciate this meeting.

They helped my English disadvantage anytime and had smashing notion.
When I informed my sadness of finishing this course in last day, one classmate said “It’s good for you. Your trip is success. If your experience was bad, you’re not sad now.”
I was glad this warmhearted message, and I surprised having the negative and sentimental mind I rarely had.

In the environment with these excellent friends, and I’ve thought about 3 issues in the precious time separated from daily busyness.


1. What’s my professional?
2. What’s my contribution to London?
3. English education problem in Japan
Img_f74ae80290d11598f67341f6ea743059


1. What’s my professional?

I recognized getting design skill in professional level is difficult for me, but I may be able to create the excellent output by working with professional designers.
So, synergy of designer’s talent and my talent is important, and in the case of this style, I may leads to big contribution in society.

Therefore I must notice 2 point.
First is playing a role using my talent like the experience of creating new business and new products, MBA knowledge including marketing, strategy, and management, or Science.
Second is having the design think and philosophy to discuss at the same point of view with professional designers.

I could learn the view and philosophy to achieve above synergy in CSM.
Img_b2d2c28cd41a30315d7e6ffb27a6efda


2. What's my contribution to London?

I could reconfirm London is brimming over with design and creative not only in CSM but also in people's life. British and Japan can become a good industrial partner in global market.

On this Thursday, I'll have an opportunity to visit British embassy in Japan and to think about creating innovation by the fusion of British creative and Japanese technology.

I'll think my contribution for the industry in both countries besides the role as ambassador to connect the information of 2 countries.
Img_e657ca85ac870c7a4c41a65ffa206013


3. English educational problem in Japan


I learned my English disadvantage the hard way, especially listening and speaking in CSM.

I thought this problem caused by 2 sources. Of course, one is a lack of my effort. But the other is educational system in Japan.

We generally study English for 10 years and more at the student era.
But this educational content is mainly the reading for the paper test, and we have no opportunity to use English in daily life.
In the result, many Japanese people can’t use English in spite of having the knowledge. Nobody can hit a homer only by knowing the method swinging a bat.

This inefficient education is a big loss for Japanese people.
But I don’t have good idea to consult this problem.

I continuously think about this solution, and I restart study English conversation through Internet.
Img_8a1d2a2e972fd63c44c6bdf994647f1c
Img_27a237adf4955bb8bf7f566a591f9198
Img_689850c597aea3e4e3d09ceb3ddae48e

Finally, I pray great success of my friends from now, thank you.



セントラル・セント・マーチンズで考えていた3つの事


今回、セントラル・セント・マーチンズにはデザインを学びに行ったんですが、一番の成果はデザインのリテラシーではなく、かけがえのないクラスメイトに出会えた事でした。

クラスメイトは、英語ができない自分をいつも助けてくれていたし、最後の日も寂しい気持ちを伝えると「それは良かった。今回ここに来たかいがあった。もし寂しく感じて無かったとしたら、良い思い出じゃなかったってことだからね。」と気の利いた言葉をかけてくれたが、そんな心温まるメッセージに助けられた5日間だった。

そんな素晴らしい仲間と過ごす中、久しぶりのゆっくりとした贅沢な時間だったので、以下の3つを考えていました。

1. 自分のプロフェッショナルは何か?
2. ロンドンへの恩返しは何ができるか?
3. 日本の英語教育問題



1. 自分のプロフェッショナルは何か?

行く前からわかっていた事だけど、自分自身がデザインのプロフェッショナルになるのは難しい。けれど、プロのデザイナーと共創することで、より素晴らしいアウトプットを生み出すことはできるし、大きな貢献につなげる事ができると考えている。

その為に自分自身が気をつけなければいけない事が2つある。
1つは新商品や新規事業の経験、MBA、サイエンスなど、自分の強みを生かす事、もう1つはプロのデザイナーと同じ視点で議論出来るだけの、デザインリテラシーを身につける事です。
今回は、その視点を学ぶとても良い機会となった。


2. ロンドンへの恩返し

今回、英国と日本は産業分野において、とても良いパートナーになる事を再認識した。ロンドンには確かにデザインやクリエイティブが溢れている。

帰国後の木曜日、日本大使館に出向いて、英国のクリエイティブと日本のテクノロジーによるイノベーションについて考える機会があるので、そこで一度、自分がどのような恩返しができるのかを、考えてみようと思う。


3. 英語に関する日本の教育問題

今回、英語の出来の悪さ(特にリスニングとスピーキング)を身に染みて感じたわけですが、その原因の一つはもちろん自分自信の英語習得への怠慢。だけど、もう一つは日本の教育スタイルにあると思った。

日本人は中学から大学まで10年以上英語を勉強するのに、英会話が苦手である。それは、ペーパーテストのための勉強だけをしていて、英語を使う機会がない。そして知識があるのに使えないという状況を生み出している。。。

せっかく時間をかけて勉強をしているのに成果に繋げられないこの教育環境は、凄く非効率だし、日本人にとって大きな損失だと思う。

この解決策についてはすぐに思いつかないので、引き続き考えていきたいのと、最近ストップしている毎朝のインターネット英会話はまた再開しようと思う。


最後に、今後の仲間の大成を心から願います。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする